☆ひねもすのほほん日記☆

日々の事を綴っています

rose

Post

悩める単衣

2012
09
03
ring
そろそろ単衣の季節と言っても、まだまだ、暑い日が続きますね。

9月中旬の花展に何を着て行こうかと、今から思案中です。

普段に着るものなら、着心地重視でいいのですが、お茶会や催しものなどに、
きちんとしたものをとなると、半衿や帯・小物類など、どの本を見ても少しずつ書いてある
決まりごとが違っていて、ネットで調べてみてもそれぞれに尤もらしいことが書かれていて、悩ましいです。

とりあえず、単衣の色無地に合わせて、薄物の襦袢、絽の半衿、帯は綴れの名古屋、小物は薄物で
選んでみることに…。

すみれ庵さんの秋単衣のコーディネートのお話を伺ったときのことを思い出して、
薄物の襦袢の袖を色つきにと思い、コチラを購入してみました。
替袖は薄っすらとした黄色になっています。

9月の襦袢については、すみれ庵さんが詳しく書いてくださっていますのでコチラをご覧ください。

kimono32.jpg  kimono31.jpg
分かりにくいですが、着物の袖口から薄っすらと黄色の襦袢が覗いています。
涼感たっぷりとならないように、帯揚げも薄物ですが、濃い色目のものを合わせてみました。

ただ、替え袖が襦袢の筒袖についているので、着物の袖への納まりが悪いです。
着物の袖に縫いつけた方が、いいのかな…。
メンドウだけど、縫ったほうが良さそうですね。

こんな感じでいいかなと思いつつ、後は花展の準備にかからねば~!!


スポンサーサイト

Comment

wax リンク、ありがとうございます♪

悩ましい9月になりましたね~~
これが、京都の例のお店のつづれ帯?!
きゃ~~、かわいいじゃありませんか~~
お着物とぴったりあってるし!9月にふさわしく暖色系~~(笑)
たまには、ぴりっと盛装もいいですよね。

2012/09/06 (Thu) 22:06 | すみれ庵 #OzdJ.Av2 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Trackback

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。