☆ひねもすのほほん日記☆

日々の事を綴っています

rose

Post

初着で七五三を☆腰上げ・袖綴じ☆

2010
10
04
ring
「和裁と着付け 着物さくさく」さんで、和裁を習い始めました。

和裁を習おうと思い立ったのは、お宮詣の時の初着を七五三に着せたいと
思ったのがきっかけです。

初回の運針レッスンを何とか終え、2回目は当初の目的である初着の
肩上げ・腰上げ・袖綴じです。

先生の言うとおり着物寸法を測っていくと、子供の裄と着物の裄が同じ寸法に…。
もしかして、子供の寸法を測り間違えたのでは…。不安が頭をよぎります。
取り敢えず、同寸なので、肩上げはしなくてよいことに。

なれない鯨尺に四苦八苦しながらも、腰上げも何とか無事に終了しました。

次は、袖綴じです。
七五三の着物はたいてい袖の下が丸くなっていますが、5歳男児の祝着は角袖が
正式とのことなので、そのまま、まっすぐ綴じることに。
(決して、丸くするのが、めんどうだなんてことは…)

最後に、襦袢の袖を一箇所で綴じて、襦袢の腰上げと半衿つけは宿題ということで
レッスン終了です。
75306.jpg

そして数日後、忘れないうちに宿題を仕上げようと、着物を広げて、
はたと気づいたことが!

初着が黒いので黒糸で縫ったのですが、腰上げの所は模様がついていて
白っぽい地色だったので、不揃いな縫い目がバッチリと見えております。

袴をつけるので構わないですが、袴なしの写真も撮っておきたいなと思ったので、
復習も兼ねて、白糸で縫い直してみました。
縫い目も最初に比べると、目立たない感じに。

75307.jpg
ようやく、宿題の襦袢の腰上げです。
着物に比べて生地が薄いので、とても縫いやすかったです。
残りの半衿つけはまた後日ということで。

出来上がりを子供に着せてみましたが、肩上げは必要なさそうでした。




スポンサーサイト

Comment

wax No title

[あまぐりさん、えらーい!
今どき、ちゃんと産着を自分で仕立て替えて、
七五三に着せるお母さん、日本に何人居るんだろーか?!
と、思いますよ~~
坊やにとっても、ママにとっても、一層思い出深い
七五三ですよね!当日晴れたらいいですねv-278

2010/10/04 (Mon) 22:59 | すみれ庵 #- | URL | 編集 | 返信

wax Re: No title

いえいえ、何の知識もないまま、マタニティーハイで、初着を買ってしまいまして。
店員さんが何やら言っていた気もしますが、覚えている訳もなく。

ネットで初着が、七五三で使えるのを知って、ちょっとお得かもと思っただけなんです。
他に必要なものは殆ど、実家に兄のものが残っていたので、ラッキーでした。

腰上げとかの簡単なお直しができたら、着付けの仕事にちょっとは役立つかなと。
お金を頂くほどの腕前ではないので、サービスになりますけどね。(笑)

2010/10/06 (Wed) 14:46 | ◇あまぐり◇ #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Trackback

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。